一人前の脊椎外科医を目指して

医師10年目の整形外科医が、一人前の整形外科医・脊椎外科医を目指すブログです。研究留学・論文・資産形成・備忘録などを載せていきたいと思います。 現在、米国のspine centerに臨床研究目的で留学中です。

カテゴリ: 英語

僕は以前から英語の語学試験としてIELTSを受験し、
その対策の勉強を行っています。


医師の語学勉強といえば、

アメリカの医師資格試験であるUSMLEや、

アメリカの大学・大学院進学にとってメジャーなTOEFL iBT

他には英検, TOEICなどがあると思いますが、


私の場合はIELTSという、

どちらかといえばマイナーな試験を受けています。




私が今の大学院に入学したのは3年前になるのですが、

その前後に、自分の目標を改めて立てることにしました。






大学を卒業し、臨床研修病院で2年間の研修を終え、

その研修期間で最も楽しかった整形外科への進路を決め、

卒後3年目に入局。



まずは大学病院で1年間研修を行い、その後、

医局の関連病院の2.5次病院で2年間、

外傷を中心に整形外科疾患を一通り経験できたのですが、


せっかく一度きりの人生なんだし、

「留学して海外の医療を経験したい」


という気持ちがその頃からありました。



留学するには、やっぱり大学とのコネが必要だし、

大学院で博士号を取るのは必要かな、と考えて、

大学院への進学を決めました。



とは言うものの、

今まで一度も海外居住歴はない
し、

大学生の頃は体育会系の部活で6年の夏まで汗を流し、

英語はほとんど片言で話せるか話せないか


という程度でした。

(もちろんMedical ESSなどには属していなかったです)



英語論文は確かに読むけど、全く自信がない

というのが 当時の私の自己分析でした。



海外の医療、と言っても、当然国によって実情は異なるし、

どこに照準を合わせるか…



真っ先にアメリカが頭の中に浮かびましたが、

臨床医としてやっていくためには、

USMLEは当然必要だし、

向こうで医師になったとしても、

まず研修医としてやらないといけない。



整形外科医は向こうでは非常に人気の科で、

その科を志望し選択するためには、

USMLEの時点で high scoreを取り、

その競争に勝つ必要があります。


…さらにはauthorityとのコネも必要。




30を過ぎた年齢で、それをするのは自分には合わない、と考え、

アメリカはやめて他国の実情について調べることにしました。



そこで私が目をつけたのがオーストラリアでした。



オーストラリアの留学事情と、IELTSとの関連については、

長くなりますので、次回記事で続きを書きます。




 

最近は資産形成の話ばかりで、
本業の論文や英語勉強に関する記事がなかったですが、
一応そちらの方もそれなりに進めています。笑


論文は原案の作成は、現在執筆している3本の論文すべてで終了していますが、
これからブラッシュアップして投稿に進める段階です (1本は投稿しました)。


その傍ら、IELTSの勉強をしつつ、6月2日にIELTS testを受験しました。


IELTS testは試験室内には
水ペットボトル、パスポート、鉛筆、消しゴム
しか持ち込みができず、少し異様な雰囲気で受験するので慣れない雰囲気でしたが、
DaiGoさん流の呼吸法で平静を保つように努力しつつ、試験に臨みました。


 (なお、IELTSテストの概要については、こちら )

DaiGoさん流の呼吸法については、この本に詳細が記載されています。


自分を操る超集中力
メンタリストDaiGo
かんき出版
2016-05-27
 
 




Speaking testは午後に、それ以外の3つのテストはぶっ通しで午前中にあります。

Speakingでのmain topicは食事についてでした。
(unusual mealについて説明するのが step 2, step 3ではJapanese traditional foodについてのdiscussionでした:備忘)



 結果は、

・ Listening 6.0
・ Reading  7.5
・ Writing 6.5
・ Speking 6.0

  Overall 6.5


ということで、少し良くなりました。
Overall 7.0 まであと0.5です。

ただ、やっぱりlisteningspeakingがまだ良くないので、特にここを伸ばす必要があると実感しました。
Readingは少し自信があったのですが、ここまで伸びたのはいい意味で予想外でした。

この2ヶ月くらい、通勤やスキマ時間で単語の勉強をしたのが活きたと思います。
特に、TOEFL用の少し難しい単語帳で、文脈で意味を捉える教材が良かったのでは、と感じています。


これで完璧!TOEFLテスト続基本ボキャブラリー2000語
仲本 浩喜
角川SSコミュニケーションズ
2009-03-01



この2冊はオススメです。
あとはlisteningとspeakingを伸ばせるよう、日々勉強したいと思います。
特に、listeningはBBC global news podcastを毎日聴いていて、だいぶ理解できるようになってきたので、そのトレーニングを続けたいと思います。



↑このページのトップヘ