一人前の脊椎外科医を目指して

医師10年目の整形外科医が、一人前の整形外科医・脊椎外科医を目指すブログです。研究留学・論文・資産形成・備忘録などを載せていきたいと思います。 現在、米国のspine centerに臨床研究目的で留学中です。

2018年06月

前回記事の続きです。


オーストラリアは各州によって異なりますが、

基本的にはLicenseというものはなく、

Registration
という形で医師登録を行う形になっています。



Registrationには2種類あり,

Limited registration
Full registration というものがあります。





Limited registration (暫定登録)は,

例えばsubspecialityで必要の高い分野や、

臨床研修、指導や研究目的などでの暫定登録があり、

私がオーストラリアの先生に聞いたところでは、

3年間は勤務(診療)可能
になる、ということでした。



その中で、3年以上にわたって働く場合には

full registration
が必要であり、

Australian Medical Council (AMC)の行う

試験に合格することが必須になるようです。


(ただ、specialityの高い分野では、

AMC examinationに合格しなくても、

それに代わる技能や資格を持っていれば

full registrationが受けられるようですが、

詳細は私もあまり知りません)



したがって、USと比較すれば、オーストラリアのほうが

臨床医としてやっていくにはハードルがずいぶん下がるのですが、

一つ問題があります。それが、


英語力の証明です。




前置きが長くなりましたが、この英語力の証明について、

一般的には次の2つのいずれかをクリアすることが必須になります。



A) IELTS academic module : 1回のテストで、すべての sectionで7.0以上
 
B) Occupational English Test (OET) : 4つのすべてのsectionでA or B以上


ということでした。


IELTSは一般的な分野の試験ですが、

OETは医療従事者向けの試験で医療系の会話や、

診断書の記入などのsectionもあります。





この時点で、どちらを選択するか考えたのですが、

まだ勉強を行う時点ではオーストラリアでのコネはないし、

OETのテストも入手した(HPで見ることは可能)のですが、

あまり自分に合ってなさそうだったこともあり、



もしオーストラリアへの留学が難しくなっても、

全世界的に自身の英語評価として使える

であろうIELTSの勉強を行うことに決めました。
 


この続きは、また次回記事で。
 

僕は以前から英語の語学試験としてIELTSを受験し、
その対策の勉強を行っています。


医師の語学勉強といえば、

アメリカの医師資格試験であるUSMLEや、

アメリカの大学・大学院進学にとってメジャーなTOEFL iBT

他には英検, TOEICなどがあると思いますが、


私の場合はIELTSという、

どちらかといえばマイナーな試験を受けています。




私が今の大学院に入学したのは3年前になるのですが、

その前後に、自分の目標を改めて立てることにしました。






大学を卒業し、臨床研修病院で2年間の研修を終え、

その研修期間で最も楽しかった整形外科への進路を決め、

卒後3年目に入局。



まずは大学病院で1年間研修を行い、その後、

医局の関連病院の2.5次病院で2年間、

外傷を中心に整形外科疾患を一通り経験できたのですが、


せっかく一度きりの人生なんだし、

「留学して海外の医療を経験したい」


という気持ちがその頃からありました。



留学するには、やっぱり大学とのコネが必要だし、

大学院で博士号を取るのは必要かな、と考えて、

大学院への進学を決めました。



とは言うものの、

今まで一度も海外居住歴はない
し、

大学生の頃は体育会系の部活で6年の夏まで汗を流し、

英語はほとんど片言で話せるか話せないか


という程度でした。

(もちろんMedical ESSなどには属していなかったです)



英語論文は確かに読むけど、全く自信がない

というのが 当時の私の自己分析でした。



海外の医療、と言っても、当然国によって実情は異なるし、

どこに照準を合わせるか…



真っ先にアメリカが頭の中に浮かびましたが、

臨床医としてやっていくためには、

USMLEは当然必要だし、

向こうで医師になったとしても、

まず研修医としてやらないといけない。



整形外科医は向こうでは非常に人気の科で、

その科を志望し選択するためには、

USMLEの時点で high scoreを取り、

その競争に勝つ必要があります。


…さらにはauthorityとのコネも必要。




30を過ぎた年齢で、それをするのは自分には合わない、と考え、

アメリカはやめて他国の実情について調べることにしました。



そこで私が目をつけたのがオーストラリアでした。



オーストラリアの留学事情と、IELTSとの関連については、

長くなりますので、次回記事で続きを書きます。




 

6月に入ってから、梅雨の湿度の高さと気温の上昇で、
うだるような日が続いていますね。


最近、自分の中では少し停滞期で、
勉強や論文の効率が少し落ちてきてしまっています。


少し頭の中がぐちゃぐちゃになってきているような感覚があるので、
自分はいつも手帳に
 to do というか、did and should do
を記載するようにしています。


手帳に書くことで自分の頭の中が整理され、かつ、手帳に書き出すことで他に余計なことを考えなくて済むので、 基本的ですが手帳は必須アイテムだと思います。



そこで、今の自分の現状についてふと書いてみたいと思います。






 1) 大学院:研究・論文

現状でしている基礎の実験は、これまで通り行いつつ、
論文作成を並行しています。


メインの論文(学位論文):作成、修正中。あとは英文校正と共著者の先生のチェック

サブの基礎論文: あるジャーナルに投稿済み。

臨床論文:作成、修正中。あとは英文校正 (共著者の先生のチェックはほぼ済)


研究進捗の報告会が来週にあるので、
そのためのプレゼン資料を作成中です。



 
 2)  英語資格

問題集とプレ試験を1冊(5回分)をまずは一通りこなす。

特にlisteningとwriting、speakingは対策本を着々とこなしています。

プレ試験はCambridgeが出版しているものがオススメではないでしょうか。
音声のダウンロードが少し厄介ですが、ちゃんと聞くことができました。




 
Writingとspeakingは、下記の1冊の問題集を発見し、それを解いています。

効果があるかどかは、次回のテストで明らかになりますが、
なかなか良さそうだし、英会話の私の先生も、
解答の表現が豊かでclearだと言っていたので、良いと思います。



 


 3) 奨学金・フェローシップ申請

AO Spine Japan fellowshipの締め切りが7月31日に延びましたので、
少し余裕が出来ました。

内容は一通りは作成中ですが、
あとはLoR(Letter of Recommendation)を2通作成して、
教授と主任教授にチェックしていただく予定です。


優先順位としては、学位論文の次 あたりでしょうか。






こうやって書くと、まだまだやらねばならない事が多いことに気付かされます。。。

また心機一転頑張らないといけませんね。
 

最近は資産形成の話ばかりで、
本業の論文や英語勉強に関する記事がなかったですが、
一応そちらの方もそれなりに進めています。笑


論文は原案の作成は、現在執筆している3本の論文すべてで終了していますが、
これからブラッシュアップして投稿に進める段階です (1本は投稿しました)。


その傍ら、IELTSの勉強をしつつ、6月2日にIELTS testを受験しました。


IELTS testは試験室内には
水ペットボトル、パスポート、鉛筆、消しゴム
しか持ち込みができず、少し異様な雰囲気で受験するので慣れない雰囲気でしたが、
DaiGoさん流の呼吸法で平静を保つように努力しつつ、試験に臨みました。


 (なお、IELTSテストの概要については、こちら )

DaiGoさん流の呼吸法については、この本に詳細が記載されています。


自分を操る超集中力
メンタリストDaiGo
かんき出版
2016-05-27
 
 




Speaking testは午後に、それ以外の3つのテストはぶっ通しで午前中にあります。

Speakingでのmain topicは食事についてでした。
(unusual mealについて説明するのが step 2, step 3ではJapanese traditional foodについてのdiscussionでした:備忘)



 結果は、

・ Listening 6.0
・ Reading  7.5
・ Writing 6.5
・ Speking 6.0

  Overall 6.5


ということで、少し良くなりました。
Overall 7.0 まであと0.5です。

ただ、やっぱりlisteningspeakingがまだ良くないので、特にここを伸ばす必要があると実感しました。
Readingは少し自信があったのですが、ここまで伸びたのはいい意味で予想外でした。

この2ヶ月くらい、通勤やスキマ時間で単語の勉強をしたのが活きたと思います。
特に、TOEFL用の少し難しい単語帳で、文脈で意味を捉える教材が良かったのでは、と感じています。


これで完璧!TOEFLテスト続基本ボキャブラリー2000語
仲本 浩喜
角川SSコミュニケーションズ
2009-03-01



この2冊はオススメです。
あとはlisteningとspeakingを伸ばせるよう、日々勉強したいと思います。
特に、listeningはBBC global news podcastを毎日聴いていて、だいぶ理解できるようになってきたので、そのトレーニングを続けたいと思います。



前回記事の続きです。


これまで上げたことの他に私が資産を増やす為に行っていることとしては、



 1. ポイント還元率の高いクレジットカード払い
 2. ふるさと納税



が挙げられます。






 1. ポイント還元率の高いクレジットカード払い

今はいろいろな会社から多くのクレジットカードが出ているので、どれを使うか非常に迷うところだと思います。
私も実際に作るときは悩みました。

Amazonやヨドバシなどのポイント還元のあるカードから、ANAやJALなどのマイルを貯めるカードまで様々です。
ただ、私自身がカードを作る時に 重要視したのは、

ポイントが現金還元か

あるいは

使いやすいポイントか

ということです。


例えば マイル だと飛行機に乗るときには便利だし、お得なのですが、
僕自身その飛行機に乗る機会がそれほど多くないので、
その分あまり利益を得られないように思いました。

(ちなみに、僕はブラックカードとかゴールドカードには全く興味がありません。ゴールドカードは日整会でもらえるカードだけです。笑)


そういった点から今メインで使用しているのはジャックスのREXカードです。

僕がカードを作った際には1.75%の高還元率で、
しかもポイントがそのまま現金還元されるということで非常に重宝していました。

ただ、年が経つにつれて還元率が悪くなり、今は1.25%でそれほど良くなくなってしまいました。

それでも、REXカードに匹敵する還元率で、かつ現金還元のあるカードが他にないので、今もこのカードをメインで使っています。

あと、サブで使用しているのは楽天カードです。

持っている方も多いと思いますが、

楽天で使用するとポイントが多くつく
楽天ポイントは商品の購入だけでなく、ふるさと納税の支払い、さらには投資にも使える!

ということで、この2枚のカードを使っています。


ちなみに、交通系ICカードも、クレジットカードでチャージすることが出来ますので、
カードで支払えばポイントが還元されることになります。


クレジットカードはもちろん盗難、スキミングなどには十分な注意が必要にはなりますが、
使い方によってはお得になるのではないでしょうか。






 2. ふるさと納税


これはされている先生方がほとんどなんだろうと思いますが、僕も大学院に入る前ぐらいから本格的にはじめました。

ふるさと納税は上限額があるので注意が必要ですが、かなり大きな節税となるので、やっておいて損はない、というか必ず行うべき制度です (実質2,000円で行うことが可能です)。
参考サイト )


私の場合、 ふるさと納税をしながら、さらにポイントなどをお得に貯めることを考えています。

特に、楽天ふるさと納税がオススメです。

ふるさと納税でありながら、楽天でのショッピングと同様に楽天ポイントが付与されるので、納税してポイントを貯めて使えるという、何か良くわからないけどお得感が満載の制度だと思います。笑


さらに、今楽天でちょうど開催しているような「スーパーセール」や、
月に1回開催される「 お買い物マラソン」のタイミングでまとめてふるさと納税をすると、

その市町村ごとにポイントアップされていくので、非常にお得です (例えば5市町村に納税を行った場合、ポイント付与が5倍になります)。

 
返礼品については、 昨年4月から総務省の通達で、返礼品の還元額が5割→3割程度まで減少させるような変更があったため、すごく割の良い返礼品は少なくなったように感じますが、それでもお得な制度であることには変わりないと思います。

タダで税金払うよりはいいかと。笑


そこで、今楽天ふるさと納税でオススメの商品について見てみたいと思います。
我が家では、米・牛肉・豚肉は、ほぼふるさと納税で賄っています。

その一例として、


 ・ PREMIUM PORK 尾鈴豚 (宮崎県都農町)

 ・ 大万吉豚セット (宮崎県都城市)

 ・ 都城産宮崎牛ウデ・モモ切り落とし (宮崎県都城市)

 ・ 飛騨牛 A5 焼肉用 400g (岐阜県神戸町)
 
 ・ タワラ印厳選米 5kg × 3 セット (大阪府泉佐野市)(今なら増量中)【祝3周年】「PREMIUM PORK尾鈴豚★誕生祭」【ふるさと納税】PREMIUM PORK尾鈴豚


この紹介したものはよく申し込んでいます。

ただし、冷凍庫がいっぱいになってしまうので、その点は注意が必要ですが。
 


 

↑このページのトップヘ