一人前の脊椎外科医を目指して

医師10年目の整形外科医が、一人前の整形外科医・脊椎外科医を目指すブログです。研究留学・論文・資産形成・備忘録などを載せていきたいと思います。 現在、米国のspine centerに臨床研究目的で留学中です。

先日、来年からの留学予定先より内定書を頂き、

アメリカでの臨床研究での留学が正式に決定致しました (^^)


まずは一安心ですが、ここからが大変ですので、

奨学金申請やビザ申請、さらには学位取得などに向けてすべき事が多く、
もちろん英語力のアップも含めてさらに頑張っていきたいと思います! 



ところで、この留学ですが、、、(もちろん) 無給 です。。。 

しかも、「visitor fee」 という名の授業料を払わないとなりません。

それが毎月500ドル…今の大学院の授業料とほとんど変わらないです。涙

というわけで、まさに資金が命綱になります。


「そこまでお金を使ってまで留学する意味ってあるのか?? 」

という疑問は必ず出てきますし、私自身もこの悩みはずっと持ち続けていました。
(その答えの一部は、この記事をご覧ください。)


アメリカに1年間滞在するとして、(もちろん住む地域にもよりますが)
出費は全てコミコミで 約 800 〜1000 万円 …

奨学金などが得られたとしても、赤字は確定的で、そのお金を捻出するための資産形成が必要になります。



私は大学院入学時から、その資産形成を考え行動に移してきました。
具体的な考え方や方法については、こちらの記事 (1-7まであります) にまとめています。

ですが今回は、その資産形成で、特に私が悩んでいた (現在進行系で悩んでいる)
ことについて考えたいと思います。



それは・・・いわゆる 「節税対策」 についてです。






収入を増やす、特に節税対策も含めて、私は主に ふるさと納税 ぐらいしか行っていません。
最近では、個人型確定拠出型年金 (iDeCo)つみたてNISA などの投資を利用した節税があり、実際に導入されている先生方も多数おられると思います。



しかし、結論から言いますと、私はiDeCo,つみたてNISAともに未導入です。
これには理由があります。


まず1つ目は、留学でいくらの出費になるかが読めないこと、です。


今のところ留学期間は1年間ですが、1年間で帰国するのか、それとも研究を続行するか、新たな道を進むかなど、まだ自分でも悩んでいることは多く、決めかねているのが実情です。

ですので、出来れば手持ちの資金を置いておきたいという気持ちが強いです。



2つ目は、海外移住すると、NISA口座やiDeCoは取引制限されること、です。


これはSBI証券のHPにも一部記載があるのですが、基本的に国内での非居住者になった場合、iDeCoへの積立はできなくなります。また、口座が廃止される可能性もあるそうです。

つみたてNISAですが、これは運用(つみたて継続)はできなくなりますが、引き出しは可能だそうです。


ただ、いずれにしても、転居の手続きなどの煩雑さを考えると、留学後に帰国してからの運用を行うほうがベターなのではないか、と考えています。






まとめ


留学時の資産形成について、特に iDeCo や つみたてNISA を中心に考えてみました。

留学はもちろん資産が命です。いかにしてその資産形成を行うかが重要ですが、iDeCo や つみたてNISA については、帰国後から行うほうが良いのではないかと思います。

(あくまで個人の意見ですので、ご参考にしてみて下さい)




 

実は2週間ほど前から、またヘルニアを患っております。。。


最初は 遊園地で2歳の息子をメリーゴーランドに乗せようとしたのですが、
思いの外 馬車の座る位置が高く、 無理に息子を持ち上げて載せたのが原因です。

その際に、左の仙腸関節付近の「おもだる〜〜〜い」痛みを感じていたのですが、
まぁ大丈夫だろうと思い放置していました。


すると、その5日後辺りから左足底部と第5趾足背のしびれ感
(靴下を常に履いているような、鈍い感覚鈍麻)を自覚するようになりました。


内心「またS1領域か…L5/S1 ヘルニアだな…」と思っていたのですが、今回は
(ちなみに5年前は, この時の詳細はこの記事をご覧下さい) でしたので、
「なぜ?」という思いと、仙腸関節障害も併発しているのか?などと考えておりました。


しかし、どんどん 感覚障害と左大腿後面痛 (コレが一番つらい…)が強くなり、
いよいよ歩くのも非常にツライ状態になりましたので、
1週間前ごろから内服を開始しました。 


それでもやっぱりツライので、今日MRIを撮影したところ、、、

 
スクリーンショット_2018_09_05_17_26

スクリーンショット_2018_09_05_17_28


ありました。。L5/S1 ヘルニア。。。

ただ、前回 5年前と違うのは、



・ 前回はやや右よりに出ていたはずなのに、ほぼ正中に今回はヘルニアがある。

・ 正中の山の横に、左側にもう1つヘルニアが出ている??

HIZ (High Intensity Zone) がある。



でした。何にせよ痛いのは間違いないので、そのまま 今回もやってもらいました、コレ。


スクリーンショット_2018_09_05_17_34



効果は まぁボチボチでしたが、やらないよりはマシになったかな〜という感じです。


画像を見た限りだと、手術するなら椎弓切除なども考えなきゃダメかもですので、

頑張って内服で症状が落ち着くようにしたいと思います。

 


… 正直、ツライです(笑) 

いよいよ暦の上では9月になり、夏が終わりましたが、まだまだ残暑ですね。


今回は、脊椎外科医 (あえて整形外科ではなく)としてキャリアを積む上で、

どういった留学を目指すべきなのか

について考えたいと思います。




「整形外科医」ではなく、あえて

「脊椎外科医」

としたのには理由があります。



それは、脊椎外科は多様な種類の手術があり、
かつその診断や治療のタイミングが整形外科のその他の領域以上に
重要な分野だと考えているからです。


つまり、脊椎外科は整形外科の他の分野以上に

臨床のウェイトがかなり大きく、
特に手術について勉強することが極めて重要である

と私は思っています。



そういった点から脊椎外科医の留学を考えた場合、
個人の印象として



臨床に直結した留学



を行う必要がある、と結論づけました。






留学といえば、 一般的には
基礎研究」留学のことを指すと思います。

つまり、大学院などでの基礎研究の延長(いわゆるポスドク)
として留学する、という方法です。



これだと


1. 大学の研究室のコネを利用しやすい

2. 留学先からの給料も得やすい

3. 日本人であっても その能力を正当に評価してもらいやすい



などの利点がある思います。


私も大学院で3年半の間、
生体材料に関する基礎研究を行ってきましたが、

自分が脊椎外科を志すのでなければ 
基礎研究を海外でやってみたい

と思います。



しかし、上記の脊椎外科の特徴を考えると、

貴重な留学の時間を脊椎分野から完全に外れた内容に充てるのは得策ではない

と個人的に考えています。 


これは、今私自身が大学院に在学して、
臨床から離れて少し焦っていることが原因の1つです。


この数年で脊椎外科の手術は変遷を遂げており、
特にOLIF, XLIFなどの側方アプローチでの固定術などは一気に広まっています。


そういったものを目の当たりにして、
技術や知識のアップデートを行う必要性に迫られている
という点です。


さらに今後はロボット支援手術や頚椎人工椎間板なども
欧米から導入される可能性もあり(既に導入されているものもあり)、
間違いなく日々進化していきます。


つまり、留学するのであれば



脊椎外科を十分に学べる、最先端のところに行くべき



と思います (あくまで個人の意見です)。



そして、私個人が思う、臨床分野での留学先を決めるポイントは、



1. 世界的に有名な先生 (特に自分のサブスペシャリティーにしようとしている分野の先生) がいる

2. 前任でおられた先生 (日本人) がしっかり業績 (論文) を残している



です。



なお、私自身は来年4月からアメリカのとある施設での留学を予定していますが、
上記のポイントを満たしていましたので、
それを決め手に、留学の申込みを決意しました。







まとめ

脊椎外科医を目指す上での留学についてまとめました。

脊椎外科医なら、やはり臨床を重視すべきだと思いますし、
臨床に直結した留学を行うべきのではないかと思います。


今回は少しマニアックな内容でしたが、お読み頂きありがとうございました。
 
 

前回記事の続きで、


「大学院での研究と育児は両立できるか?!」


について考えていきたいと思います。

前回の記事を簡単にまとめますと、
大学院1年生の秋に子どもを授かり、
妻の体調が変化するようになり、

少しでも妻の家事の負担を減らす

ことを考えるようになりました。 そこで私の考えたことは、



 1. 研究室でしか出来ないことは研究室で、研究室以外でできることは研究室以外で!

 2. 研究室ですることは、事前に計画を立てた上で、集中して行う!

 3. 家に帰れば頭を切り替えて、家事に集中

 4. 時間が足りないなら、早朝の時間を活かすべし!

 5. 研究の予定は、できるだけ分散、週1-2日は休養日 (家族サービス日) を作る!




ということでした。今回は、この内容を1つずつ見ていきたいと思います。







1. 研究室でしか出来ないことは研究室で、研究室以外でできることは研究室以外で!


家事 (育児) を行う時間を増やすということは、つまり
研究室に滞在する時間を減らすということになります。

さらに具体的に言いますと、研究室では、
研究室以外で出来ることはしない
ということを考えました。


例えば、研究室でしか出来ないこととは、私の実験で考えると


(基礎研究)
・細胞培養、細胞実験
・動物実験、組織標本作成 、標本観察

(臨床研究)
・ 患者さんのデータ計測 (匿名化処理も含む)


となります。その他の作業、例えば


・ 生データ処理、統計学的解析
・ 論文収集、論文整理、論文作成


この辺りは、研究室に居なくても出来る事になります。

研究室に滞在する時間を減らすには、
極端に言うと、前者の作業しかしない!
ということになります。 



2. 研究室ですることは、事前に計画を立てた上で、集中して行う!

 
1 を踏まえて、研究室でないと出来ない作業を見ていきましたが、
実際に頭で考えると、私の場合、
大学に着いていざやるぞ!となると、何か抜けていたり、
やらなくて良いことを無意識にやってしまったりします。笑 


特に基礎研究では、とにかくすることが多いので、
私は 毎回ノートに書き出して、何を大学院でやるのか、
そして、どこまで大学院で研究を進めるのか、
を計画
しています (実験ノートとは別にノートを作成しています)。


そして、私の経験上、計画は週単位で立てるのが
良いような気がします (これは 5 にもつながるところです)。


滞在時間を減らすため、この計画の立案も
自宅や電車内などの研究室以外 で行うようにしています。


もう一点、計画は無理に詰めすぎないことが大事だと思います。


実際に研究を始めると、慣れてきても
結構手こずることが多いと思います。

僕は大学院4年目ですが、未だに
RT-PCRでマイクロピペットの量を間違えそうになったり、
どこまで入れたかわからなくなったりして失敗することもありますので、
(何回PCRやってきてん、という話ですが。汗)、、

余裕を持った計画を立てることが肝要です。


※ ちなみに私は (バイトなどのdutyがなければ) 18時に帰宅する
ことを目標にして、そこから逆算して計画を立てています。
4 とも関連しますが、どうしても研究が多くなるときは、
朝にずらして5時や6時から研究室に行くことも時々あります。
極力後ろ(夜間)には計画を伸ばさないようにしています。




3. 家に帰れば頭を切り替えて、家事に集中! 

 
計画通りに終われば、気持ちよく家に帰れますが、
失敗したり上手くいかないと、当たり前ですが、
あまり気分良くは帰れません。

仕事でもそうですが、これを家に持ち帰ることは厳禁!です。


何のために家に早く帰るのか?

もちろんその理由は、妻のためであり子どものため、
そしてそれが自分のためにも繋がるからだと言えます。


家に帰ったら、切り替えて家事・育児に集中する。
5 にも繋がりますが、これが最も重要なことだと思います。




4. 時間が足りないなら、早朝の時間を活かすべし!


1.でも書きましたが、研究室では限られたことしかしませんので、
論文の執筆やデータ解析などは他の場所ですることになります。

私が今までの大学院生活で、それらの作業をしてきたのは、


・ 外勤先 (救急待機時間や寝当直での空き時間)
・ 図書館
・ 自宅


主にこれらの場所でしていました。
特に、自宅で行うのは、3.とある意味矛盾しているようにも感じますが、
「早朝勉強」で 家族が寝ている時間を狙って行っていました。

早朝は頭が冴えていて、集中力も高まっていますので、
論文の執筆ペースは夜間にすることと比べると早くなったことを私自身 実感しています。


この早朝勉強の詳しい方法はこちらの記事に 書いていますので、
是非ご参考にしてみて下さい!




5. 研究の予定は、できるだけ分散、週1-2日は休養日 (家族サービス日) を作る!


研究は、一回始めると一気にやりたくなるもの。
つい何日かで詰め込みたくなることが多いです。

どうしても連日しないといけないことがあれば話は別なのですが、
その方法はあまりオススメしません。


例えば週に1-2日は 培地交換のみ とか、標本観察 数スライドのみ、
とかにして1-2時間で早々に終わらせる、という風に
仕事を減らす日を作ったり、数日に分けて予定を立てたりすることで、

自分の疲れを溜め込みすぎない ことが大事だと思います。


私の場合、家族と買い物に行ったり外で食事をしたりすることは、
とても良いストレス解消になっています。

ストレスをきっちり解消しておかないと、
同じパフォーマンスを続けて保つことは難しいのではないでしょうか?


ちなみに私は実験の調整が可能な限り、
木曜日と日曜日を休養日にすることでストレス解消を図っています。
ただ、外勤の当直が入ると厄介で、計画をその都度変更していますが。。。


※ 「子どもの世話をすることで逆にストレスって溜まるよね??」
 って思われる方も多いと思うのですが、 (確かにストレスは溜まるのですが)
 研究のストレスと育児のストレスは種類が全く違うので、
 僕の場合は 育児が逆に良い息抜きになっています。
 この辺りも、切り替えという部分で大事なのかも知れません。




おわりに

私は全く要領の良いほうではありませんので、
この5つのポイントは、大学院で自分なりに日々試行錯誤を続ける中で、
何週もかけて見出してきたものです。

よくよく考えれば当たり前だなと思うことばかりなのですが、
このポイントが守れていないと、
今では研究のリズムも上手く回らないなと感じるようになっています。


この結果、大学院に滞在する時間はかなり減ったと思います
(もちろん研究の成果は残しているつもりですし、論文も執筆しています)。

その分家族との時間を増やす、
さらに育児との両立には成功しているんじゃないかな〜〜?!

と思っています。 




長々と書いてスミマセン、
ここまで読んでいただきましてありがとうございました!

大学院で現在研究されておられる先生がおられましたら、
是非ご参考にしてみて下さい!

また、他にアイデアやご意見等ありましたら、
気軽にtwitterやコメント欄等で教えて頂ければうれしいです。

よろしくおねがいします。
 

以前に、育児と大学院入学のタイミングについて書きましたが、
今回のテーマは、

大学院での研究と育児は両立できるか?! 

です。 



臨床医としての生活と比較すると、
大学院生活はまだ楽と言われます。

しかしながら、本業は研究ですし、
さらにはバイトにも行かなければなりません。

他学部でのいわゆる「大学院生」(修士、博士)と比べると、
医学部の大学院生は概して忙しいと思います。



大学院での研究は、もちろん研究の種類にも依りますが、

一朝一夕で終わるものではない
ですし、

本当に地道に一つ一つコツコツと積み重ねていかなければなりません。


また、結果によっては、すべてが水泡に帰すこともしばしばあり、

「自分は一体この◯日間何をしてきたんだ…」

と自問自答してしまうこともあります。。。


そのような状況ですので、研究室に行って研究を始めると、
あれもやらないと、これもやらないと…
と考え出してしまい、結果的に長時間 研究室に籠もってしまうことになります。

それだけじゃなく、長時間ということで、
集中力も途切れがちになり、ますます帰宅時間が遅くなってしまうことも…

特に、他に院生がいると、ついお喋りが進んでしまいます。
まさに悪循環。。。



実際に、大学院に入学してからしばらくは、
こんな感じの生活を送ってしまっていました。

これでは1日が24時間あっても全然足りないぐらいです。
育児なんて到底できない。。。



しかし、大学院1年生の秋に転機が訪れます。
嬉しいことに僕たち夫婦の子どもを授かったのです。
と同時に、妻につわりなどの体調変化が出てくるようになり、

少しでも妻の家事の負担を減らさないと

と実感するようになりました。

つまり、
研究室にいる時間を減らして、極力早く帰宅する、
ということです。

これは、子どもができてからの育児の時間、ということにも繋がります。






ここで僕が考えたことは、



 1. 研究室でしか出来ないことは研究室で、研究室以外でできることは研究室以外で!

 2. 研究室ですることは、事前に計画を立てた上で、集中して行う!

 3. 家に帰れば頭を切り替えて、家事に集中

 4. 時間が足りないなら、早朝の時間を活かすべし!

 5. 研究の予定は、できるだけ分散、週1-2日は休養日 (家族サービス日) を作る!



です。


この 5点について、次の記事で詳しく見ていきます!

次回記事をお楽しみに。
 

↑このページのトップヘ